スピード審査可能な事業者ローン|安心して資金調達できる

男の人

借り入れ時の利息

お金

銀行と消費者金融の違い

お金が急に必要になってキャッシングをする場合は、金利も気になるものです。一般的に、消費者金融の金利は高めで、銀行の金利は低く、消費者金融の最高20パーセントに対し、銀行は14パーセント未満となっています。その反面、消費者金融のキャッシングは審査基準は緩く、パートやアルバイトであっても利用できるのに対し、銀行は基準が厳しくなっています。消費者金融は、元々は20パーセント以上の金利であっても、29.2パーセントまでなら罰則が無かったため、実質20パーセント以上の金利の業者が多かったのですが、これが問題となり、過払い請求のもととなったため、20パーセントを越えて融資をした業者は、処罰が適用されるようになりました。今でも18パーセントほどの業者もあります。

消費者金融独自のシステム

ではキャッシングを利用してお金を借りる場合、どちらの方がいいのでしょうか。審査基準の緩さでいえば消費者金融ですが、借りる期間を考えた場合は銀行です。やはり長い目で見た場合、金利が低い方が、高い方よりもお得だからです。同じ期間借りていて、何万円も差が付くこともあります。短期間で完済する予定の場合には、消費者金融でもいいでしょう。また消費者金融のキャッシングには、総量規制があります。これは本人の年収の3分の1に当たる金額を、借り入れの際の限度額とするものです。この総量規制では他の消費者金融の利用や、クレジットカードのキャッシングも対象となります。ですから、限度額を気にせずにお金を借りたい時には、総量規制対象外の消費者金融、あるいは総量規制がない銀行の方がお勧めです。