スピード審査可能な事業者ローン|安心して資金調達できる

電卓

不動産を担保にするローン

紙幣と電卓

不動産担保ローンとは不動産を担保にするフリーローンの事で、比較的低金利で大金を借りる事が出来る一方で融資までに時間がかかる。なので時間が無い場合はフリーローンやカードローンを使うなど目的にあった使い分けが大切である。

もっと読む

主婦がお金を借りる方法

クレジットカード

収入がない専業主婦でも、消費者金融ならカードローンを作ることができます。ただし、ご主人の同意書が必要になることと、総量規制に関しての知識を持つことが必要です。借り入れ総額はご主人の年収によって制限されることを知っておく必要があります。

もっと読む

事業者向けの金融サービス

スーツの女性

一般的に事業者は、資金調達のために銀行からの融資を利用しています。しかし融資の場合、保証人が必要となったり、利用までに日数がかかったりすることが多くあります。そのため、すぐに資金が必要という場合には、事業者の多くが事業者ローンが利用しています。事業者ローンとは、消費者金融などによる事業者向けの金融サービスです。事業者ローンは、保証人が必要ないため、融資と比較すると申し込み手続きが手軽で、審査もスピーディにおこなわれます。そのため、即日でも借り入れすることが可能となっています。個人向けの金融サービスのキャッシングと似ていますが、しかし目的が事業ということを証明するために、事業計画書を提出することが必要です。また、返済が可能ということを証明するための、事業者の確定申告書も提出することになります。

消費者金融は、総量規制の対象となっている貸金業者です。総量規制とは、個人への貸し付けの上限を、年収の3分の1にするという法律です。そのため消費者金融で個人向けのキャッシングを利用する場合は、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。ところが事業者ローンの場合、総量規制は適用されません。つまり、事業者の年収の3分の1を超えるお金でも、借り入れ可能となっているのです。借り入れ金額が多くなれば、その分金利が低くなるので、その点も事業者ローンの特徴のひとつとなっています。もちろん、返済できないほどの大金の借り入れはできませんが、逆に言えば、収支内容から返済が可能とみなされる金額のみが貸し付けされるということです。そのため、計画的な返済をおこないやすいと言えます。

借り入れ時の利息

お金

キャッシングをする場合は、金利も気になるものです。一般に消費者金融は高く、銀行は低いといわれています。ただし審査基準は消費者金融の方が緩いです。もし長期間借りる場合は低金利の銀行、短期間の場合は消費者金融がお勧めです。また消費者金融には総量規制がありますので、その点にも注意しておきましょう。

もっと読む